【イキゴト合宿vol.8】2015-4Q @横須賀/葉山 (Part2/3)

16.02.06

【イキゴト合宿vol.8】2015-4Q @横須賀/葉山 (Part2/3)

こんにちは。イキゴトの人事広報の五味です。

イキゴト恒例のQ(クォーター)合宿レポートです♪
Q合宿では、前四半期のふりかえりと、今四半期の目標共有を行っています。
また合わせて、イキゴトがこだわりを大切にしている、季節毎の採用サイトの写真撮影を行っています(^^)

今回(2015-4Q)の合宿では、2015年の10月~12月の実績報告と、2016年度についての共有。そして、採用サイトの「冬」の写真撮影も兼ねて、2016/1/25~1/26の1泊2日で神奈川県の“横須賀/葉山”へ行ってきました!
その合宿の様子を、3回にわけてお届けしております!今回は、Part2。

前回のPart1では、初日の採用サイトの写真撮影の様子をお伝えいたしました。

Part1 「まさか横須賀にこんなところが・・・!?大自然のなかで写真撮影!」

「自然とつながっている」こと、その心地よさを全身で味わいつくすような、素晴らしいひとときでした!

今回の、Part2は、
「老舗 魚料理屋さんの激アツおかみさん & 海辺の癒しホテルで深夜まで合宿会議!」
ということで、撮影後の昼食と、夜の合宿会議について振り返っていきます!

老舗の魚料理屋さんでお昼!おかみさんの熱い想いを伺ながら。


大自然のなかでの撮影を終えたあとは、「おいしい魚が食べたい!」ということで、
車をしばらく走らせ、おいしいと評判の、創業50年の老舗の魚料理屋さんへ!

たくさんの船が停まる船場に到着し、目の前に、発見しました!「あらさき亭」
ここで、お昼をいただきました。

イキゴト合宿vol.7
イキゴト合宿vol.7
毎日その日にとれた魚で、メニューがかわるというお店。
お刺身や煮付けや焼き魚、いろんなお魚がでてきて、どれもこれも、とっても美味しかったです!

イキゴト合宿vol.7
この「あらさき亭」のお店のおかみさんから、
「あんたたち、みたことある顔だね!前にきたことある?」と声をかけられました。

全員初めてだったのですが・・・デジャヴュでしょうか?

イキゴト合宿vol.7 
そんな会話を発端におかみさんと仲良くなり、横須賀についてもいろいろ質問していたら、横須賀の漁業についての色々教えてくれました。

実は横須賀は、
・ 魚がものすごくとれなくなっていて大変であること
・ 生計がたたないから漁師がどんどんいなくなっていること
・ 漁師は天然魚をとるよりも養殖の方が稼ぎがよいので魚をとってくれないこと
・ ほかで出回っているほとんどは横須賀の地魚ではないこと
・ 昔とれていた回遊魚は、赤道付近で缶詰にされてしまい横須賀までこないこと
などなど様々なことを話していただきました。

イキゴト合宿vol.7
そして同時に、地魚がとれなくなり横須賀の漁業が衰退するなかでも、
あらさき亭では「いろんなご縁を駆使して、その日とれた魚をつかう」
「本当においしいものを食べにきてもらいたい」というこだわりがあること。

身振り手振りをまじえて、「想い」を込めて話してくださいました。


「おいしいごはんが食べたい!」「よし、魚だ!」からはじまって気軽に立ち寄ったお店でしたが、

ひょんなことから、創業50年の老舗のつよい「想い」を伺うことができ、
胸がとても熱くなるとともに、たいへん勉強させていただく時間となりました。

ikigotoは日本各地のひと、もの、地域のブランディングプロデュース事業を主力で行っていますが、ここ最近は、地方活性化案件や地方の遊休資産活用のご相談などが急激に増えています。
ほんとうに多くの地域が、本当は「価値」があるけれど衰退していく困難に直面していることを感じます。

今回の「あらさき亭」のおかみさん含め、現場の方の様々な苦労話から感じるのは、
「一過的な外からのにぎやかし」ではなく、
「ビジネスとしてサステイナブルな形で、地域に循環する形で、中からブランディングを行いファンをつくっていくこと」が大切なのだなということ。

イキゴトでも、これまで日本各地のクライアントさまと、さまざまな地方創生プロジェクトを行ってきました。
今までの実績をふまえ、今年は次フェーズとして、ikigotoで働く仲間を増やし、より多くの日本各地の素晴らしいヒト・モノ・地域と出会い、お手伝いをできたらと思っています。

今回のあらさき亭のおかみさんのお話をうかがって、またひときわ、その想いがつよくなりました。

そんな熱いお話のあと、さいごにできてきた、締めのデザートが・・・
こちらの「てんぐさ」のところてん。

イキゴト合宿vol.7
「てんぐさ???寒天とちがうんですか?」
と思わずきくメンバーに、おかみさんが解説してくれました。

「てんぐさを煮てどろどろになったものを冷やしてかためたのが、これだよ。
寒天はね、それをさらに何度も、低音乾燥凍結させて、水分をぬいたのを、水にもどしてるんだよ。

生でそのまんまの、手作りのてんぐさは、なかなか食べれないよ。

そもそも、てんぐさ自体、国内ではほとんどとれなくて、チリ産とかがほとんど。
うちの店では、数少ない、国内でとれたやつを、わけてもらって、手作りしているからね。」

と。なるほどー・・・

一瞬あたまが「はてな?」になりそうでしたが、
最後まで、こだわりと共に、大切なことをいろいろ教えていただきました。

帰りには、おかみさんに、「また食べにおいで!またちがう魚だから!」といっていただき、ほっこりあたたかい気持ちで、お昼を終えました。

海が見える癒しのホテルで、四半期合宿!


お昼を終えて、宿泊先のホテルへ移動。
今回の宿泊先は、横須賀の海沿いの、観音崎京急ホテル
なんと、すべての部屋から海がみえるという、贅沢な立地!
東京湾を眺めながら、波の音に癒されるひととき。

さらに・・・なんと、海がみえる「スパ」もついていました。
都会からわずか1時間の、まさしく「オアシス」!メンバーも全員テンションがあがっていました!

イキゴト合宿vol.7
ホテルでほっと一息ついてから・・・
毎週やっている週次のミーティングを行い、夕ご飯を食べて、念願の「スパ」に入り・・・

すっかり気持ちよくなったあと、夜の10時からようやく、
今回の四半期合宿のメイン時間がスタートしました!
前クォーターの目標と実績のふりかえりをしたのち、未来にむけての話し合い。

イキゴトの昨年1年をふりかえると、3月に、青山にオフォスを引っ越し、そこからの動きはとても早く、たくさんの人との出会いにも恵まれ、組織に勢いが出てきた年だったといえます。
創業から5年たち、さまざまな実績ができてきて、基盤が整ってきたところ。
2016年は、2015年に得た学びを力に変え、大きく成長させていく年になります。

振り返りの後、イキゴトのこれからについて話し合いました。
イキゴトが捉える時代感、イキゴトのBRAND Equity、会社構造、事業計画などについて。

合宿
合宿
ikigotoは、世界中の人とイキイキと輝かせていきたいと願い、設立された会社です。

今の社会は、つながりが実感しにくい社会です。
忙しい日々に追われ、自然とのつながりや人とのつながりが希薄になりがちです。

イキゴトは、事業を通してつながりをつくることで、世界をイキイキと輝かせていきたいと思っています。

これからのイキゴトについて、みなで真剣にディスカッションをし、
なんと、気づけば夜中2時をまわっていました・・・!

イキゴトが大切にすることについて、腹落ちするまで話しぬき、みなの絆もさらに深まる、非常に濃い時間でした。

この後は、Part3 へ続きます!ぜひこちらも合せて♪ 
Part3「天然酵母のパン屋さんで朝食 & 葉山の古民家カフェでワークショップ!」

Part1はこちら↓
Part1「まさか横須賀にこんなところが・・・!?大自然のなかで写真撮影!」

OTHER TOPICS

- その他の記事 -

全ての"旅ごとの記事"を見る
^

ikigotoの旅ごと

- ikigoto LIVING その他の特集 -