ネクタイはまず、この5本!ワードローブに必要なネクタイ
STYLING TIPS
ワードローブ

15.12.24

ネクタイはまず、この5本!ワードローブに必要なネクタイ

男性がビジネスシーンを中心にフォーマルなシーンで、自己を表現し、周囲への印象を作る上で最も効果的なアイテムの一つであるネクタイ。
前回は、印象を“ぐっ”と引き上げるネクタイの結び方についてご紹介しました。

ワードローブに必要なネクタイ
ネクタイは「する、しない」は勿論ですが、結び方だけで、周囲への印象は更に大きく変わっていきます。

ワードローブに必要なネクタイ
そんな男性にとって欠かせないネクタイですが、「ベーシックで汎用性の高いネクタイが欲しい。」と思うのは多くの人にとって同じこと。
しかし世の中には、素材や柄、色などでさっくりと見ていっても、数百、数千種類というネクタイがあり、何を持っておけばいいのかが意外と難しいところです。

そこで、ビジネスマンのワードローブに“絶対に必要”な5本のネクタイをご紹介いたします。


ネクタイを「色/柄/素材」で分けて見ていきましょう


①ネイビー系/無地/シルク


ワードローブに必要なネクタイ
ワードローブに必要なネクタイ


②ネイビー系/ドット/シルク


ワードローブに必要なネクタイ
ワードローブに必要なネクタイ


③グレー系/無地/シルク


ワードローブに必要なネクタイ
ワードローブに必要なネクタイ


④ネイビー系/無地/シルクニット


ワードローブに必要なネクタイ
ワードローブに必要なネクタイ


⑤ブラウン系/ストライプ/シルク


ワードローブに必要なネクタイ
ワードローブに必要なネクタイ


ネクタイはまず、この5本!


ネクタイは、まずはこの5本を揃えておきましょう!

この5本のネクタイがワードローブにあるだけで、ビジネスシーンを中心としたフォーマルシーンで、ベーシックなスーツやジャケットでの様々なコーディネートを楽しめるようになります。

ワードローブに必要なネクタイ
レッドやイエロー、オレンジなどの色物、チェックやペイズリーなどの派手な柄物はコーディネートのポイントになりやすいですが、その分、汎用性は高くありません。

まずは上でご紹介した5本をワードローブに揃えたのちに、派手な色モノや柄モノのネクタイを加えていきましょう。

OTHER STYLING TIPS

- その他の"STYLING TIPS" -

^

PERSONAL STYLING

- ikigoto LIVING その他の特集 -