ドレスシューズ(革靴)の正しいサイズの選び方
STYLING TIPS
ワードローブ

16.04.13

ドレスシューズ(革靴)の正しいサイズの選び方

ビジネスマンであれば、誰も持っている“革靴”(ドレスシューズ)
スーツやジャケットが変われば、靴も勿論変わりますね。

靴を選ぶ時に最も悩ましいのが“サイズ感”。
「小さくてキツイのは嫌だけど、大きいと歩く時に踵が浮いてしまうのも困る・・・」と多くの方が思うところです。

ドレスシューズ(革靴)の正しいサイズの選び方
革靴は履けば履くほど、革が足に馴染んでいき、足の形に近づいていきます。
つまり、最初の新品の状態よりは確実に伸びていきます。(≒大きくなっていきます)
そこでまず、基本的には出来るだけ「ぴったりor少しだけタイトかな」くらいの感覚で選ぶことが大切です。

ドレスシューズ(革靴)の正しいサイズの選び方
最初から余裕があると、数ヶ月後には「余裕ありすぎて、デカイ」なんて事も珍しくありません。※勿論、靴の作られ方(製法)によって、程度の差はあります。

そんな悩ましい革靴のサイズ選びのポイントを、ご紹介します。
今回は、内羽根の紐靴についてです。


革靴のサイズ選びは3箇所を特に意識しましょう


①靴の中で足はしっかり伸びているか


ドレスシューズ(革靴)の正しいサイズの選び方
特に人差し指や中指が曲がっていないかを意識しましょう.


②かかとの内側には隙間は余分な隙間はないか


ドレスシューズ(革靴)の正しいサイズの選び方
指がギリギリ入らない程度を目安にしましょう。


③羽根部分が少し開いているか


ドレスシューズ(革靴)の正しいサイズの選び方
靴が足型に少し沈むので、徐々に羽根が閉まっていきます。5~10mm程度を目安にしましょう。(一番開いているところで)


適正なサイズは、体にも靴にもよい


小さすぎるサイズは論外ですが、大きい靴は自分自身の体にも、靴にも良くありません。
サイズの大きい靴は、歩く際に足に大きな負担をかけ、疲れやすくなります。また、歩き方の変化によって、体のバランスを崩すこともあります。

靴自体にとっては、踵のなどを地面に擦る回数が多くなるため摩耗が早かったり、甲の部分の余っている革がベコベコになってしまい、その部分から革が裂けてくるなんてこともあります。

ドレスシューズ(革靴)の正しいサイズの選び方
フィット感の好みは個人差がありますが、新品の状態で出来るだけ「ぴったりor少しだけタイトかな」くらいの感覚のサイズを選びましょう。

OTHER STYLING TIPS

- その他の"STYLING TIPS" -

^

PERSONAL STYLING

- ikigoto LIVING その他の特集 -