16.10.31

『WFGリペアファクトリー(ワールドフットウェアギャラリー) 靴修理職人』 大和 潤平 氏

ワールドフットウェアギャラリーは、今では日本に馴染みの深いエーグルなどのカジュアル靴から、本格英国靴までを日本に一早くデビューさせ、靴のセレクトショップとして長年、日本のシューカルチャーを牽引されてきました。

今回お話をお伺いしたのは、ワールドフットウェアギャラリー銀座店2FのWFGリペアファクトリーにて靴修理職人としてご活躍されている大和 潤平(やまと じゅんぺい)さんです。
大和さんは、イタリアで靴の製造や修理を学ばれた経験を活かし、幅広い修理技術・知識で、沢山のお客様に笑顔をお届けしています。


革製品の本場、イタリアへの憧れ


祖父が革製品を扱う仕事をしていた影響もあり、幼少期から無意識に靴や鞄などの”革製品”が好きで、革製品の本場であるイタリアへの憧れがありました。

革製品の中でも、特に革靴が好きだったのですが、ファッションの一部としての革靴ではなく、革製品としての見た目の美しさという意味で革靴が好きだったのです。

高校2年生の頃に家族旅行でイタリアに行ったのですが、そこで初めて本場の革靴を買ってもらいました。本当に嬉しかったです。

WFG 大和氏
買ってもらった時は憧れのものが手に入り、天にも昇る気持ちだったのですが、帰国してからはもったいなくてあまり履けませんでした。笑

大学4年になり、靴の卸会社内定を頂いた後に時間にも余裕ができたので、“残りの学生生活を使って何かを得よう”と考え、憧れのイタリアに留学しました。

WFG 大和氏
3ヶ月ほど留学した語学学校の隣に“ロベルト・ウゴリーニ”という高級オーダー靴の工房があり、「いつかここで働きたい」という思いで、ガラス越しに並べてある靴を眺めていました。


修理をして人を笑顔にしたい


就職先の靴卸の会社では営業職をしながら貯金をし、3年経った時に靴職人になることを決意しました。日本で靴作りを学ぶ学校に通った後、再びイタリアへ行きました。

そして、当時留学した時にショーウィンドウで眺めていた憧れの“ロベルト・ウゴリーニ”の工房で修行させてもらえることになったのです。

WFG 大和氏
2年半の修行の間、ウゴリーニの元での修行と並行し別の修理工房にも出入りして靴の修理を学びました。

その修理工房での経験も、今の自分にとって、とても大きかったです。
客層は、同世代くらいの若い男性から、おばあちゃんまで幅広く、「現地の人々は気に入った靴を修理して長く使うんだ」と実感しました。

WFG 大和氏
修理工房で修行していたある日、70歳くらいのおばあちゃんが30年以上気に入って履いている靴を修理に持ってきて頂いた事がありました。
修理を終え、僕の師匠がそのおばあちゃんに靴をお渡しした時に、そのおばあちゃんが「ありがとう」と何度も感謝の気持ちを伝えていました。

それを見た瞬間、こんなに人から感謝される仕事は他にないと感じたのです。
イタリアへ来た当初は靴を作りたいと思っていたのですが、戻る頃には靴を修理して人を喜ばせたいと思っていました。


日本と海外で得た修理技術でそれぞれに合った修理のご提案


日本に帰国後、更に修理の技術を高めるべく、靴修理工房に3年ほど勤務しました。その後、ワールドフットウェアギャラリーからの紹介をきっかけに、WFGリペアファクトリーの職人となりました。

WFG 大和氏
WFGリペアファクトリーの職人になった当初は、自分の技術でWFGに来店されるお客様に満足していただくことが出来るかという不安やプレッシャーなどもありました。ただ、他のお直し屋さんやメーカーでの修理を断られた靴を修理し、お客様が大変喜んでくださった事が、自分の達成感や自信に繋がりました。

WFG 大和氏
日本と海外では修理方法や修理に使われる素材も異なってくるので、今はそれぞれのお客さまの靴に合った幅広い修理方法をご提案しています。


モノを長く使うことで思い出を作ってほしい


僕もイタリアに行く前まではモノを大事に使うという感覚は薄かったのですが、日本はモノを直して長く使うという文化が海外に比べるとまだまだ浸透していないと思います。

WFG 大和氏
長い間使っている気に入ったモノを修理に出す時、そのモノを購入した時のバックグラウンドを思い出すことがあると思います。たとえば、頑張ってお金を貯めて買った初めての革靴だということや、買った時のお店のことなど。

使い捨ての靴にはそのような思い出は作れません。

WFG 大和氏
僕がイタリアの小さな修理工房で見たように、日本の幅広い世代の方に自分の気に入った靴やモノを出来るだけ長く使ってほしいと思いますし、靴修理という仕事を通してそのお手伝いが出来ればと思っています。

このお直しができるお店

SHOP Information

WFGリペアファクトリー(ワールドフットウェアギャラリー)

住所: 東京都中央区銀座5-6-6
TEL: 03-3572-6811
店舗ページ: http://www.wfg-net.com/ginza.html

FEATURED CASE

- 匠なお直し事例 -

全ての"匠なお直し事例"を見る

INTERVIEW

- 匠のインタビュー -

全ての"匠のインタビュー"を見る
^

ONAOSHI for Good Life

- ikigoto LIVING その他の特集 -