16.06.21

『リファーレ恵比寿店 店長/職人』 小澤 祥一 氏

「リファーレ」は、靴修理はもちろん、靴の販売から様々なメンテナンスサービスまで行う“靴のプロフェッショナル集団”です。

今回は「リファーレ 恵比寿店」の店長、小澤氏にお話をお伺いしました。
小澤氏は職人という傍ら、直接お客様に修理や新たな靴のご提案をされるなど、お客様ととても距離が近く、アットホームショップ空間を作り出しています。


高校生ながらにのめり込んだブリティッシュカルチャー


高校生の頃、友人や雑誌、音楽などから影響を受けスーツ、ジャケパンなどのトラディショナルなスタイルが好きでした。
高校在学中にイギリス、ロンドンへ行き、初めてさまざまな高級紳士靴に触れる機会があったのですが、そこで衝撃を受けましたね。

『リファーレ恵比寿店 店長/職人』 小澤 祥一 氏
それまではスニーカーなどの、いわゆるカジュアル靴にしか触れてこなかったので、始めて手にした本格靴のかっこよさは今でも忘れられないです。
そしてショップの重い扉を開け、高校生ながらにチーニー(イギリスの高級紳士靴)のチャッカブーツを購入しました。

リファーレ恵比寿店 店長 小澤氏
帰国してから、アルバイト代を洋服につぎ込んでいたのですが、次第にジャケパンでは物足りなくなり、スーツも購入してしまったんです。
格好だけはすごく大人びていたのですが、元々骨格も細ければ、なんせ見た目が高校生なので、今思えば全然似合っていませんでしたね。笑

リファーレ恵比寿店 店長 小澤氏
高校を卒業する頃には、「ロンドンで衝撃を覚えたあの靴を作りたい」という思いが湧いてきました。ブリティッシュカルチャーの音楽やアートなどにも興味はあったのですが、手を動かしながら作業し、一つのものを製作する仕事に憧れたので、靴作りを勉強する専門学校に進学しました。


靴の機能を第一にする修理


専門学校に通っていた時、友人の靴を直す機会があったのですが、学校では靴を作るための勉強をしていたので、独学でやりました。笑
その過程の中で、自分なりに思考錯誤して独自の発想で修理方法編み出すのがすごく楽しく感じ、そういった経験がきっかけになって靴修理の道に進みましたね。

リファーレ恵比寿店 店長 小澤氏
卒業後は在学中からアルバイトをしていたリファーレに入社しました。その時はまだまだ小さい会社でしたので、今では僕が一番の古株です。笑
入社してから半年くらいは、靴磨きをしながら靴がどのような構造をしているかをひたすら手を動かし、一から学びました。

リファーレ恵比寿店 店長 小澤氏
靴修理に関する基礎的な知識が身に付いてからは、本格的に修理に取り掛かり、踵、ソールなどのクイック修理から覚え、今はお客様の理想とする一足に仕上げることと同時に、靴としての機能が失われないように修理しています。
靴は長く使い込んでいくためには、まず一番に機能が失われては困りますから。


マニュアル化されていない修理工程


リファーレでは特殊な修理のご相談を多くいただきます。
例えば、アッパーが裂けた靴や、ストラップの切れた靴など、一般的に直すことが難しいような靴をお持ち頂けるお客様が多いですね。

リファーレ恵比寿店 店長 小澤氏
それらの靴には、靴修理のレシピ、マニュアルが通用しないので自分で思考錯誤しながら修理を行っています。

小学生の時からモノの中身が気になる性分でしたので、色々な物を手を動かしながら見よう見まねで製作していました。

リファーレ恵比寿店 店長 小澤氏
専門学生の時には独学で友人の靴を修理していまいたし、靴修理の道に進んでからはスニーカーやドレスシューズなどの靴を自分で解体したりと、とにかくそのモノがどのような構造をしているのか自分の目で見て確かめてみたかったんです。

リファーレ恵比寿店 店長 小澤氏
そのような経験からどのように靴が縫われているか、なぜ歩いていて靴が壊れないのかといったことがわかってくるので、マニュアル化されない、独自の靴修理の方法が自然に浮かんでくるようになりました


お渡しした時の笑顔に嘘はない


お客様は少なからず、靴に関するお悩みを抱えてご来店されているので、リファーレ全体でも、僕自身もまずお客様とご相談することから始めます。
僕たちがボロボロの靴を見て「修理は無理です」と断わるのではなく、せっかく持ってきて頂いたお客様のために全力で修理しようという姿勢を心がけていますね。

リファーレ恵比寿店 店長 小澤氏

リファーレ恵比寿店 店長 小澤氏

その上で、修理することによる靴へのリスクは全てお客様に説明します。
お客様が長く使いたいと思う靴を修理して初めてお渡しした時、僕はあの笑顔には嘘はないと思いますし、忘れることはできません。

リファーレ恵比寿店 店長 小澤氏
修理することによって、靴を長く使われるお客様のライフスタイルに貢献し、リファーレがお客様にとって足繁く通える場所になれたらいいなと思っています。

このお直しができるお店

SHOP Information

リファーレ

住所: 東京都渋谷区恵比寿南2-7-1
TEL: 03-5768-1373
店舗ページ: http://www.rifare.jp/

FEATURED CASE

- 匠なお直し事例 -

全ての"匠なお直し事例"を見る

INTERVIEW

- 匠のインタビュー -

全ての"匠のインタビュー"を見る
^

ONAOSHI for Good Life

- ikigoto LIVING その他の特集 -