【街ごとリノベ! Vol.9】 高架下が“アニメの街にリノベーション!?” 「阿佐ヶ谷アニメストリート」

【街ごとリノベ! Vol.9】 高架下が“アニメの街にリノベーション!?” 「阿佐ヶ谷アニメストリート」

アニメを軸に、新たな街つくりを目指した高架下リノベーション



東京都杉並区の“阿佐ヶ谷”。
JR中央線が走り、駅前は数多くの飲食店が立ち並び、少し歩けば閑静な住宅街が広がっている、活気がありながらも住みやすい街として人気を博しています。

しかし、そんな“阿佐ヶ谷”に一見、「なぜ、ここに?」と思ってしまうような場所があるのです。
その名は「阿佐ヶ谷アニメストリート」。
名前の通り、アニメに関連するショップやカフェなどが軒を連ねる“アニメ専門の通り”です。

JR中央線の阿佐ヶ谷―高円寺間の高架下をリノベーションし、2014年3月末にオープンしました。

【街ごとリノベ! Vol.9】 高架下が“アニメの街にリノベーション!?” 「阿佐ヶ谷アニメストリート」


【街ごとリノベ! Vol.9】 高架下が“アニメの街にリノベーション!?” 「阿佐ヶ谷アニメストリート」


「でもなぜ、阿佐ヶ谷にアニメなのか?」と思う人も多いでしょう。
実は、阿佐ヶ谷とアニメとは深い関係性があったのです。

今回は、リノベーションによって生まれ変わったJRの中央線高架下の
「阿佐ヶ谷アニメストリート」をご紹介します。


杉並区は都内有数のアニメを生む街だった!



実は、阿佐ヶ谷のある杉並区は、多数のアニメの制作会社が拠点を構えており、日本有数のアニメを生む街なのです。
アニメと聞くと多くの人が当然、“秋葉原”を想起すると思いますが、実際にアニメクリエイターが創作活動をしているのは、以外にも杉並だったりするんですね。

高架下が“アニメの街にリノベーション!?” 「阿佐ヶ谷アニメストリート」


ここ、「阿佐ヶ谷アニメストリート」は、高架下約120メートルに15前後のアニメ関連ショップやカフェ、コスプレ専門店、専門学校などが入居しています。

“プロとアマチュア、作り手とファンが交流すること”を一つの大きな目的としており、声優さんのトークショーや作家のサイン会、アニメ関連商品の展示会など、様々なイベントなども開催されているそう。

高架下が“アニメの街にリノベーション!?” 「阿佐ヶ谷アニメストリート」


しかし、オープンして1年が経つ現在。
平日は、人通りも少なく、営業していない店舗も散見されました。

“本当にごく一部のアニメ好きな人達にしか、利用されていないのでは?しかも、その数は確実に減少しているのでは?”
という印象を受ける状況です。


大型リノベーションがもたらす期待と、課題



今回ご紹介した「阿佐ヶ谷アニメストリート」。

この高架下リノベーションによって、阿佐ヶ谷の街は、人の流れや景観が変わりました。今まで阿佐ヶ谷を訪れることが無かった多くの人たちが、この街に訪れたことでしょう。

しかし、最初の話題性だけでは、その後の集客には繋がりません。
定期的に積極的な情報発信やプロモーション活動、また来たいと思わせる仕掛けをしていかなれば、お客さんの数は目減りし、衰退していってしまいます。

高架下が“アニメの街にリノベーション!?” 「阿佐ヶ谷アニメストリート」


JR高架下という多くの人が行き交う公共空間リノベーションした「阿佐ヶ谷アニメストリート」。話題性はあるものの、盛り上がりの面では多くの課題がありそうです。

絶好のロケーションを活かした集客の仕掛けがもっと増えていくと、施設、更には街が盛り上がっていきそうで面白いですね。


RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"ちいきごとの記事"を見る

CATEGORIES

- カテゴリーから記事を探す -

^

ちいきごと

- ikigoto LIVING その他の特集 -