梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法

梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法

ジメジメした暑苦しさに加えて、降り続く雨。
多くのビジネスマンにとって、悩ましい梅雨の季節。

そんな暑苦しく、雨が続く梅雨の時期でも、スーツやジャケットを着なくてはいけないことも多くあるでしょう。
しかし、スーツやジャケットなど自宅で洗濯できないアイテムにとっては、梅雨は大敵ですね。

1日着続けたスーツやジャケットを脱いだ後にしっかり見てみると、沢山の汗を吸って、シワシワになっていることに気が付くとおもいます。もちろん、そのままにして、スーツやジャケットが大丈夫なワケがありません。

梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法


しかし、困ってしまうのが手入れの仕方。
自宅で洗濯が出来ないので、どんな手入れをすればよいのか・・・。

そこで“梅雨時期に自宅で簡単にできるスーツやジャケットのお手入れ方法”をご紹介します。


梅雨時期の、湿ったままのスーツは危険!



梅雨時期は湿度が高いため、汗を大量に吸ったり、雨で濡れてしまったスーツやジャケットは、いつも通りのままのハンガーにかけておいても、なかなか乾きません。

しかし、しっかりと乾かさず、またメンテナンスもせずに湿ったまま着続けると
・異臭を放つ
・生地が傷む
・カビが生える
など、大切なスーツやジャケットであればあるほど困ることばかりです。

梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法


では、どうすれば梅雨時期にスーツやジャケットを傷めずに乗りきれるのか?
必要なメンテナンス用品を用意し、実際にやっていきましょう。


3つのメンテナンス用品を用意しましょう



①吸水性のある布×3枚(タオルなど)



梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法


②ハンガー



※ハンガーの選び方についてはこちらをご参考に。

梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法


③洋服ブラシ



梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法



実際にやっていきましょう!



①表面の水分をしっかりと拭きとる



タオルを使い、しっかりと水分を拭き取りましょう。タオルはこすらず、叩きながら拭く感覚で。
梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法


②袖にタオルを詰める



ハンガーにかけて、肩から袖先までタオルを詰めましょう。
梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法

※「新聞紙を使う」手法も耳にしますが、新聞紙は濡れるとインクが滲んで、衣服にうつってしまうことがあるので、止めましょう。

③ブラシで生地を整える



乾いたら、袖のタオルを抜いて、全体をブラッシングしていきましょう。
※ブラシの使い方はこちら
梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法


梅雨時期のスーツやジャケットは、このステップでメンテナンスを行いましょう。


更なる一手間!アイロンのスチーム!



上記の3ステップでお手入れをしていても、「まだシワが気になる」、「まだ臭いが気になる」なんて時があるかもしれません。

そんな時はアイロンのスチームを活用しましょう。
スーツやジャケットをハンガーにかけた状態で、全体にスチームを吹きかけていきましょう。その後はしっかりとブラッシングを。

梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法


アイロンのスチームは、いつも行う必要はないですが、シワや臭いが少し気になった時は、是非使ってみてください。


梅雨時期は“ローテーション”と“いつも以上のお手入れを”!



いかがだったでしょうか?
いつもよりは多少時間はかかりますが、このお手入れ方法で、スーツやジャケットの傷みやすい梅雨時期を上手く乗り切っていけます。

梅雨時期に着るスーツやジャケットは
・最低でも中2日は休ませる
・特に内側をしっかりと乾かす
・ブラシがけを怠らない
ことがとても大切です。

結果的にそのお手入れがスーツやジャケットと永く付き合えることに繋がります。

梅雨時期のスーツ・ジャケットのお手入れ方法


「梅雨時期の革靴のメンテナンス」についても、こちらで詳しくご紹介しています。併せてご参考にどうぞ!


RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"お手入れの記事"を見る

CATEGORIES

- お手入れしたいものから記事を探す -

^

お手入れのある暮らし

- ikigoto LIVING その他の特集 -