外出先でも超便利!! スマートなジャケットのたたみ方

外出先でも超便利!! スマートなジャケットのたたみ方

誰もが持っているジャケット(スーツ)。
そんなジャケットを脱ぐシーンは、日常的に沢山あると思います。

お店に入った時、オフィスで掛ける時、車に乗る時、食事を摂る時、ソファーに掛ける時など。

知っておきたい!! スマートなジャケットのたたみ方
しかし、そこで困るのが脱いだジャケットの置き方。
ハンガーがあればかければ良いですが、ハンガーやかける所が無い時に、手元に“さっ”と丸めて置いてしまうことはないでしょうか。しかし、丸めて置いてしまうと、いざ着直す時にはシワシワになっていたり、肩が潰れてジャケットの形が崩れてしまったりします。

そこで今回は、“ジャケットを美しく保つ畳み方”をご紹介いたします。
しかもこの畳み方、所作が非常にスマートです!是非、身に付けてください!

※この畳み方は、一時的に畳む方法です。ジャケットを保管する際は、畳まずに必ずハンガーにかけましょう。


実際にやってみましょう!


①両肩に手をいれます


しっかり肩の付け根の位置まで指を伸ばしましょう。
知っておきたい!! スマートなジャケットのたたみ方

②後ろ側に半分に折ります


左右対称になるように意識しましょう。
知っておきたい!! スマートなジャケットのたたみ方

③片方の肩を裏返し、もう一方の肩に重ねます


ここが最も重要なポイントです。大抵のジャケットは肩パットが入っているので、肩を重ねた時に割とフィットします。
知っておきたい!! スマートなジャケットのたたみ方

④襟を立て、全体をのばします


襟が潰れず、生地がたるまない様に、まっすぐになるように意識します。
知っておきたい!! スマートなジャケットのたたみ方

⑤半分に畳み、完了!


知っておきたい!! スマートなジャケットのたたみ方
知っておきたい!! スマートなジャケットのたたみ方
ジャケットは以上の5ステップで畳みます。
この畳み方には
・ジャケットの表面に汚れがつかない(表面を内側にするため)
・肩が潰れない
・シワになりにくい
など、様々なメリットがあります。


ジャケットを脱ぐ時はいつでも、どこでもスマートに!


いかがだったでしょうか?
ジャケットを脱いで置く時は、この畳み方をしましょう。

尚、この畳み方はコートにも適応できます!

知っておきたい!! スマートなジャケットのたたみ方
最初は少々難しく感じるかもしれませんが、慣れてくると素早くスマートに畳めるようになっていきます。

繰り返しになりますが、あくまで一時的に畳む方法です。長時間保管する際は、必ず最適なハンガーにかけましょう。

ジャケットハンガーの選び方、使い方はこちらでご紹介しています。
併せて、ご参考にどうぞ。

RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"お手入れの記事"を見る

CATEGORIES

- お手入れしたいものから記事を探す -

^

お手入れのある暮らし

- ikigoto LIVING その他の特集 -