自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法

自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法

スウェーデン発祥、丸いフォルムが特徴のサボサンダル。
履くたびに革の味わいが深くなり、その人その人の味が出てくるのが楽しいですよね。

元々木底が使われ丸いつま先であるのがスウェーデンでは主流でした。日本でいうと下駄のようなものです。

自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法


そんな北欧から来たサボサンダルですが、ソールなど木製のため、お手入れに困っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、永くこれからも履けるような、サボサンダルのお手入れ方法をご紹介します。

特別なものを用意する必要はありません!
手軽に、身近に手に入れられる道具で大丈夫ですので安心してくださいね。

まず、4つのメンテナンス用品を用意しましょう



①柔らかい布(2種類)



革を傷つけないよう、肌触りがよい柔らかめの布を用意しましょう。
濡らす用、クリーム用の2種類が必要です。
自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法



②シューズブラシ



自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法



③歯ブラシ



シューズブラシとは別に、縫い目など細かいところも落とすのには歯ブラシのほうが汚れを落としやすく便利です。
自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法



④革用のクリーム(デリケートクリーム)



自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法




実際にやっていきましょう



①シューズブラシで軽くブラッシング



表面をブラッシングして、小さな砂ホコリなどを落とします。傷つけないよう、軽く優しくするのがポイントです。
自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法



②歯ブラシで細かいところをブラッシング



サボによっては縫い目があり細かい溝があるものがあります。
細かい埃や汚れが落ちるよう、軽めに優しくブラッシングしてあげてください。この時、強く乱暴にしてしまうと、傷がついてしまうので要注意です。
自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法



③湿らせた布で表面、底などを拭く



今回は木底のサボですので、底も表面もよく拭いておくことがポイントです。
自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法



④しっかりと乾かす



日陰で風通しがよいところに置き、しっかりと乾かします。
自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法



⑤クリームを塗り、馴染ませる



もう1枚の布を使い、クリームを少量取り全体に馴染ませます。
自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法



これでお手入れは終了です。とても簡単ですね。


味深く、自分だけの特別の一足に



いかがでしたでしょうか。
5つの手順で簡単にお手入れができます。ぜひお試しください。

今回は木底のサボサンダルでしたので、③と④の手順で下駄などにも応用可能です。
下駄の場合、きちんと乾燥させてあげることがポイントになります。

自分だけの個性と味を出すために!サボサンダルのお手入れ方法


革は“履く人が育てる”ことができるという特権があります。

サボは特に女性に人気の革靴です。男性とは違った用途、履き方があり、オシャレを楽しむ女性の個性がサボに、そして革に表れます。
そんなサボを永く、革の味深く保てるように、大事にお手入れをしてあげましょう。


RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"お手入れの記事"を見る

CATEGORIES

- お手入れしたいものから記事を探す -

^

お手入れのある暮らし

- ikigoto LIVING その他の特集 -