この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②(シューシャイン/ポリッシュ)

この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②(シューシャイン/ポリッシュ)

男性であれば、必ずもっている革靴。
しっかりとメンテナンスされ、磨かれた美しい革靴はコーディネート全体を引き立ててくれる大切な存在です。

しかし、メンテナンス用品も多岐に渡って出回っているため、以外と困ってしまうメンテナンス方法(磨き方)。

この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②


そんな革靴(スムースレザー)の磨き方について全2回を通して、
「全て自宅で、自分で出来る」方法をご紹介いたします。
1.革に“栄養”を与える
2.革に“光沢”をもたせる

今回は「2.」の革に“光沢”をもたせる方法(シューシャイン/ポリッシュ)について詳しくご紹介いたします。
※「1.」の革に“栄養”を与える方法については、こちらをご参照ください。


まず、4つのメンテナンス用品を用意しましょう



①靴用ブラシ



この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②


②ワックス



この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②


③水orアルコール分の高い液体(ポリッシュウォーターなど)



この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②


④布(ハンカチなど、極力キメの細かい生地)



この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②



実際にやっていきましょう



①ブラシをかける



靴全体を10秒程度ブラッシングしましょう。ホコリなどを取り、革の表面をきれいにするためです。
この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②


②ワックスを塗りこむ



指に布をしっかりと巻きつけ、ワックスを薄く取ります。つま先の芯が有る部分(硬い部分)に優しく円を描くように塗りこみます。
この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②


この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②


③水でワックスを馴染ませる



水を1、2適くらいつま先に垂らし、円を描くようにワックスを馴染ませていきます。
この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②


この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②


※水が多すぎると、うまくクリームが馴染まないので、水は極少量です。また、アルコール分が高い液体(ポリッシュウォーター)だど、水分を抜けやすいのでワックスが馴染みやすいです。

あとは、②と③の作業を繰り返していくだけです。
片足10~15分程この作業を繰り返しいくと、いつのまにか鏡のように美しくなっていきます。
また、踵も全く同じよう工程で美しくなっていきます。

この“光沢”をもたせる作業(シューシャイン/ポリッシュ)は少し手間がかかりますが、やるかやらないかで革靴の表情は大きく変わっていきます。

この一手間が洗練させる!革靴の磨き方②


革靴はメンテナンスをしていけばいくほど、履く人らしさが滲みでていくアイテムです。
また、メンテナンスをするか、しないかで革靴の寿命は何年も変わっていきます。

大切な革靴を永く愛用していくために、また自分らしいスタイルを創っていくために、必ず革靴のメンテナンスをおこなっていきましょう!


RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"お手入れの記事"を見る

CATEGORIES

- お手入れしたいものから記事を探す -

^

お手入れのある暮らし

- ikigoto LIVING その他の特集 -