知っておきたい!革靴の靴紐の通し方

知っておきたい!革靴の靴紐の通し方

革靴、ブーツ、スニーカー・・・
靴には様々な種類があり、多くの靴は“紐靴(ひもぐつ)”です。

紐靴の“紐(ひも)”は、デザインだけでなく、靴自体の履き心地にも影響を与える、実は靴にとって大きな存在です。
靴に種類は様々ありますが、その分、それぞれの靴に適した紐の通し方も、勿論様々あります。

靴紐の通し方


フォーマルな靴には、それに適した通し方を。
カジュアルな靴にも、当然それに適した通し方をしたほうがよいでしょう。

そこで今回は代表的な4つの紐の通し方をご紹介します。

①シングル
②パラレル
③オーバーラップ
④アンダーラップ


この4つさえ抑えておけば、どんな靴でも対応できます!
また、靴の種類によって相性の良い紐の通し方があるので、そちらも併せて簡単にご紹介していきます。

実際にやっていきましょう



①シングル



靴紐の通し方


知っておきたい!4種類の靴紐の通し方


特徴:締めやすくも、緩めやすい。最もシンプルかつ王道の通し方。
相性の良い靴:ストレートチップなどのドレッシーな革靴全般。特に正装で臨む場(冠婚葬祭)では、「シングル」がいいでしょう。


②パラレル



靴紐の通し方


知っておきたい!4種類の靴紐の通し方


特徴:表情はシングルと同じだが、左右均等に引っ張る圧力がかかり、ホールド感がある。
相性の良い靴:ストレートチップなどのドレッシーな革靴全般。また、スペルガなどのローテクなスニーカーにも◎


③オーバーラップ



靴紐の通し方


知っておきたい!4種類の靴紐の通し方


特徴:ホールド感があり、少し大きめの靴などに◎
相性の良い靴:外羽根などのスポーティーな革靴。スタンスミスなどのローカットスニーカ。


④アンダーラップ



靴紐の通し方


知っておきたい!4種類の靴紐の通し方


特徴:ホールド感はあるが、緩めやすい。ハイカットなど脱ぐ時に手間のかかる靴などに◎
相性の良い靴:コンバースのオールスターなどのハイカットスニーカー全般。


紐靴の紐の通し方は、基本的にこの4種類です。
靴の種類や用途によって、通し方を使い分けましょう。


靴ごとに、最適な紐の通し方を



紐の通し方一つで、靴の表情は大きく変わります。
靴の表情が変われば、コーディネートも変わり、今までとは違ったコーディネートが楽しめますね。

靴紐の通し方


是非、手持ちの靴を確認して、靴によって紐の通し方を変えてみてください!
フィット感や、靴の表情の変化など、新たな発見がありますよ。


RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"お手入れの記事"を見る

CATEGORIES

- お手入れしたいものから記事を探す -

^

お手入れのある暮らし

- ikigoto LIVING その他の特集 -