シャツをクリーニングに出す際に気をつける2つのこと
シャツ

15.03.20

シャツをクリーニングに出す際に気をつける2つのこと

スーツやジャケットの下に着るドレスシャツ(ワイシャツ)。
洗濯はドライクリーニングに出されている方が多いと思います。

しかし、ドライクリーニング業者によってはシャツの一部の箇所を破損してしまうことも多々あります。

例えば、ボタン。
気が付くと欠けていたりすることはないでしょうか。

そこで、今回はドライクリーニングに出す際の注意点、2つの破損しやすい箇所と、簡単な対処方法をご紹介します。

破損しやすい2つの箇所は「カラーステイ」と「ボタン」



①襟に入っている「カラーステイ」



シャツをクリーニングに出す際に気をつける2つのこと


多くのドレスシャツの襟には、プラスチック製のカラーステイが最初から入っています。これを入れたまま、ドライクリーニングに出してしまうと、襟の中でカラーステイが粉々に割れて取り出せなくなってしまうことがあります。更に、粉々になったプラスチックが一か所に固まってしまい、襟の形が崩れてしまったり、襟の表面に跡が残ってしまうこともあります。

②袖や襟の「ボタン」



シャツをクリーニングに出す際に気をつける2つのこと


首や前身、袖口に付いている釦は、貝かプラスチックで作られています。上質なシャツは基本的に表情の美しい貝の釦を使っておりますが、クリーニングのプレス(アイロン)によって、割れてしまうことが頻繁にあります。また、釦が割れてしまうと、釦が掛けられなくなったり、割れた釦の角が鋭利になり、指やシャツの生地を傷めてしまうことがあります。


それぞれの簡単な対処方



①「カラーステイ」



シャツをクリーニングに出す際に気をつける2つのこと


カラーステイは必ず、抜いてからクリーニングに出しましょう。また、カラーステイは無くても問題もありません。新しいシャツを購入したら、すぐに取ってしまっておくのがオススメです。


②「ボタン」



シャツをクリーニングに出す際に気をつける2つのこと


割れてしまう原因はプレス(アイロン)なので、クリーニング店に出す際に、釦が割れないように“一言“依頼するだけで、破損確立は大きく改善されます。

この2点、知っているだけで誰でも実践できる、とても簡単な方法です。


余裕がある時は、自宅での洗濯、アイロンがおすすめ



多少、時間や手間もかかり面倒ではありますが、ドレスシャツは自宅で手洗いをし、自らアイロンをすることをおすすめします。

手洗いをすることでカラーステイの破損は防ぐことができます。
アイロンをすることでボタンの破損を防ぎ、またアイロンをした時のシワの伸び方から生地の良し悪しを実感できるようになっていきます。

シャツをクリーニングに出す際に気をつける2つのこと


大切なシャツを長く美しく愛用できるよう、是非、実践してみてください!



RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"お手入れの記事"を見る

CATEGORIES

- お手入れしたいものから記事を探す -

^

お手入れのある暮らし

- ikigoto LIVING その他の特集 -