知っておきたい!美しい畳み方⑤ ~スーツパンツ編~

知っておきたい!美しい畳み方⑤ ~スーツパンツ編~

美しい畳み方シリーズ第5回目です。

第1回目はシャツ第2回目はニット第3回目はTシャツ第4回目はカジュアルパンツについての美しい畳み方をご紹介しております。それぞれ、ご参考にしてください。

今回は、スーツのパンツなど、“センタープレスライン”が入っている、所謂“スーツパンツ/フォーマルパンツ”の畳み方をご紹介いたします。

知っておきたい!美しい畳み方⑤ ~フォーマルパンツ編~
ただ、基本的にスーツパンツ/フォーマルパンツ(センタープレスラインのあるもの)は、ハンガーに吊るして保管した方が良いので、今回の畳み方は持ち運ぶ際などにお役立てください!


実際にたたんでみましょう!


①センタープレスラインに沿って折り、広げる


ここが最も重要です。
生地にたるみが出来ない様に腿部分、膝部分などを抑えて、裾やウエストを引っ張りましょう。
知っておきたい!美しい畳み方⑤ ~フォーマルパンツ編~
知っておきたい!美しい畳み方⑤ ~フォーマルパンツ編~

②適切なスペースに合うように○当分して折る(※今回は4当分で)


折り返す際に、生地をしっかりと伸ばしましょう。たるみが多いと、細かいシワ
が沢山ついてしまいます。コツは、折り返す端の部分を指で抑えることです。
vol.35_04
知っておきたい!美しい畳み方⑤ ~フォーマルパンツ編~
知っておきたい!美しい畳み方⑤ ~フォーマルパンツ編~

③表に返して、完成!


これで完成です。最適な幅になっているので、きれいに収納できます。
知っておきたい!美しい畳み方⑤ ~フォーマルパンツ編~

“たたみ”を繰り返すと、モノの良し悪しがわかってくる!


パンツはシャツなどに比べると、とても簡単です。
ただ、冒頭でもお伝えしましたがフォーマルパンツは極力、ハンガーに吊るして保管しましょう。最適な保管方法はこちらをご参考にしてください。

知っておきたい!美しい畳み方⑤ ~フォーマルパンツ編~
洋服を丁寧に畳むと、普段気が付かなかった細部に眼がいくようになり、「このシャツは、他のシャツよりも襟の開きが広いな」「このパンツは、ポケットが横の縫い目に沿っているな」など、色々新たな発見があったりします。

そんな発見から、アイテムごとの作りの良し悪しが分かってきたり、新たなコーディネートを思いつくこと繋がっていくこともあるはずです。
そんな目線でも“たたむこと”を楽しんでみてください!

★【その他の畳み方シリーズ】
ジャケットのスマートな畳み方
シャツの美しい畳み方
ニットの美しい畳み方
Tシャツの美しい畳み方
カジュアルパンツの美しい畳み方

RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"お手入れの記事"を見る

CATEGORIES

- お手入れしたいものから記事を探す -

^

お手入れのある暮らし

- ikigoto LIVING その他の特集 -