実は汚れている!ウールフランネルパンツの日々のお手入れ方法

実は汚れている!ウールフランネルパンツの日々のお手入れ方法

冬の定番アイテムの一つ、ウールフランネルのパンツ。
ウールフランネル素材は保温性・保湿性が高く、寒い時期の外出を楽しくしてくれます。

温かさと同時に上品さも持つウールフランネルパンツですが、困ってしまうのがお手入れ方法ではないでしょうか。

タグを見ると、洗濯機洗いはもちろん、手洗いもできず……。
クリーニングに出さなければならないものがほとんどです。
簡単に洗うことができないからこそ、ウールフランネルパンツには日々のお手入れが欠かせません。

忘れがち?ウールパンツの日々のお手入れ方法
冬のトラブルの一つに、静電気が挙げられますが、ウールパンツの主な汚れの原因も、静電気により外に浮遊するちりやほこりが吸い寄せられて付いてしまうことによるものがほとんどです。

特に起毛しているのフランネル素材は、ちりやほこりが吸い付いて絡まりやすいのです。

お手入れせずにそのままにしてしまうと、以下のようなことが起こってしまいます。
・汚れが落ちにくくなる
・カビが繁殖する
・虫に喰われる
・嫌な臭いを発する

そうならないためにも、日々のお手入れをきちんとすることが大切です。

そこで、履いた後のウールフランネルパンツのお手入れ方法をご紹介します。
では、さっそくやってみましょう!


使用する道具を準備しましょう!


まず始めに、以下の2つのメンテナンス用品を用意しましょう。

①ハンガー


忘れがち?ウールパンツの日々のお手入れ方法


②ブラシ(馬毛か豚毛の柔らかいもの)


忘れがち?ウールパンツの日々のお手入れ方法


実際にやっていきましょう!


2つのメンテナンス用品が用意できたら、以下の3ステップで実践していきます。

①ハンガーでパンツを吊るす


忘れがち?ウールパンツの日々のお手入れ方法
形を整え、パンツの裾を上にしてハンガーで吊るします。
裾を上にすることにより、重さでシワを伸ばすことができます。


②ブラッシングする


忘れがち?ウールパンツの日々のお手入れ方法
ブラシをパンツに対し垂直に当て、まっすぐおろすようにブラッシングします。


③風通しの良いところに干す


忘れがち?ウールパンツの日々のお手入れ方法
直射日光の当たらない風通しの良いところにパンツを干します。
直射日光は、色落ちや生地が傷む原因になるので避けてください。


日々の簡単なお手入れが、履く度に良い気持ち


いかがだったでしょうか。
パンツを畳んで収納したい場合も、一日ハンガーで吊るしてから行うようにしましょう。

すぐに畳んでしまうと、湿気がこもってしまい、生地が傷みやすくなってしまいます。

忘れがち?ウールパンツの日々のお手入れ方法
日々しっかりとお手入れしたフランネルパンツは、履く度に気持ちを上げてくれますね。

RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"お手入れの記事"を見る

CATEGORIES

- お手入れしたいものから記事を探す -

^

お手入れのある暮らし

- ikigoto LIVING その他の特集 -