きめ細やかな肌のために。フェイスブラシのお手入れ

きめ細やかな肌のために。フェイスブラシのお手入れ

メイクで肌の色味、そして印象までも大きく変えるアイテムがファンデーションです。

そのファンデーションをブラシで使用することで、粉をムラなく均一に、しかも薄く塗布することができます。パフやスポンジよりも透明感のある肌に仕上がるのがブラシのメリットです。

しかし、フェイスブラシは毎日直接肌に触れるため、皮脂や汗などが付着しています。その状態を放置することで、雑菌が繁殖し、ニキビ等の肌トラブルの原因になることも。

肌を美しく魅せるメイクが、逆に肌トラブルを招いてしまっては本末転倒ですよね。
今回は、身近なアイテムがあればできるフェイスブラシのお手入れ方法をご紹介します。


用意するもの


①毛の部分が荒めのクシ(頭髪用)


フェイスブラシお手入れ


②器


フェイスブラシお手入れ


③シャンプー


フェイスブラシお手入れ


④タオル


フェイスブラシお手入れ


⑤紙


フェイスブラシお手入れ


⑥テープ


フェイスブラシお手入れ


実際にやってみましょう!


①軽くブラッシングする


毛先部分から先端に向かってクシを入れます。力ずくでクシを通すと毛が切れてしまうことがあるので、少しずつほぐすようにして、といていきましょう。
フェイスブラシお手入れ


②ぬるま湯にシャンプーを一滴溶かす


フェイスブラシお手入れ


③ブラシを振り洗いする


ブラシを振り洗いしている間に汚れが浮き出てシャンプー液の色が変わります。
フェイスブラシお手入れ


④桶の中で洗い流す


液の色が濁ってきたらぬるま湯で洗い流します。
フェイスブラシお手入れ


⑤液が濁らなくなるまでふり洗いを続ける


石けんの泡などに汚れの色がつかなくなれば完了です。
フェイスブラシお手入れ


⑥水気を切る


手で水分を根元から毛先に向かって切りましょう。
そのあとタオルの間にブラシを挟んで軽く押さえながら、水分を吸い取りましょう。
フェイスブラシお手入れ


⑦クシで整え、乾燥させる


ブラシが濡れているときは摩擦を受けやすく傷む原因にもなるので、くるくると表面をなでつけるようにといて、形を整えましょう。
フェイスブラシお手入れ


⑧乾かす


陰干しをします。日光に当てると雑菌が繁殖するので、日陰で干しましょう。
フェイスブラシお手入れ


⑨成型する


ブラシがだいたい乾いたら紙を金属部分からくるくると巻き成型します。
巻けたら再度大きめのカップやブラシスタンドに立てて数時間〜1日、日のあたらない場所に置き、乾かします。

フェイスブラシお手入れ


ファンデーションで印象が変わる


ベースメイクにはその人の内面や印象を演出する力があります。
そこで決め手となるのがフェイスブラシ。その効果が最大限発揮できるよう、少なくとも週に一度はお手入れをして、いつまでもきれいな肌を保ちましょう。

RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"お手入れの記事"を見る

CATEGORIES

- お手入れしたいものから記事を探す -

^

お手入れのある暮らし

- ikigoto LIVING その他の特集 -