意外と汚れが多い、手袋の手洗い術

意外と汚れが多い、手袋の手洗い術

冬の寒い季節に欠かせないアイテムの1つ、手袋/グローブ。
寒さから守って暖めてくれるため、冬の時期には手放せません。

便利なアイテムなので、連日のように使い、お手入れする時間がなく、1シーズンそのまま使い続けている方も多いのではないでしょうか。

しかし、手袋は肌に密着し(皮脂汚れが多く付き)、外のものと触れるために汚れも多く、洗濯しないでの長期間の使用は、アイテムには勿論、皮膚や衛生面にも良くありません。
よく使うアイテムだからこそ、こまめにお手入れをする必要があります。

手袋の手洗い術
しかし、「自分で洗ったちすると、縮んだりするのが怖い…」「素材によって洗い方が分からない」という悩みもあるのが手袋。
実は、自宅で手軽にできる手洗い方法があります。

今回はウールやアクリルなどの、「ニット素材の手袋」に応用できる洗い方をご紹介します。
入浴前などのちょっとした時間に、ぜひお手入れしてみてください。


3つのメンテナンス用品を用意しましょう


①中性洗剤


手袋の手洗い術


②水をためられる器(洗面器など)


手袋の手洗い術


③清潔なタオル


手袋の手洗い術


実際にやっていきましょう


①ぬるま湯(30℃以下)を洗面器にため、中性洗剤を入れ軽く泡立てます


水の温度が高いと縮んでしまうことがあるので、必ずぬるま湯にしましょう。
手袋の手洗い術


②その中に手袋を入れ、押し洗いをします


水に沈めて、浮かべて、というように優しく押し洗いをしましょう。
こすり洗いなどはNG。
手袋の手洗い術


③水を取り替え、泡と汚れがなくなるまですすぎます


手袋の手洗い術


④洗い終わったら形を整えて、清潔なタオルで挟み、タオルドライをします


洗濯機の脱水で水をきるのも可能ですが、大事な手袋などはタオルドライを心がけましょう。
その際に変形しないよう指を一本ずつ軽く伸ばすなど、形を整えることを意識してください。
手袋の手洗い術


⑤タオルなどを敷き、風通しの良い場所で平置きし乾燥させます


普段お使いのピンチハンガーの上にタオルを敷き、平置きしてもオススメです。
手袋の手洗い術


見えない汚れだからこそ、いつもより心がけて


いかがでしたでしょうか。
5つの手順で簡単に手袋のお手入れが可能です。

しかし「早く使いたいから」といって乾燥機にかけてしまうと、せっかくぬるま湯で洗った工程が台無しになってしまうため、1日時間をかけて乾かしましょう。

手袋の手洗い術
手袋は目に見える汚れより、見えない汚れがたくさんあるアイテムです。
だからこそ、いつもの慣れている洗濯よりも綺麗にすることを心がけて、1シーズンに2,3回手洗いをしましょう。

RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"お手入れの記事"を見る

CATEGORIES

- お手入れしたいものから記事を探す -

^

お手入れのある暮らし

- ikigoto LIVING その他の特集 -