クリーンな視界を保つ!眼鏡のお手入れ術

クリーンな視界を保つ!眼鏡のお手入れ術

普段の生活必需品として使用している方も多い“眼鏡”。
デザインはベーシックなものから、オブジェのようなものなど、さまざまあり、機能性の高いものもたくさんありますね。

また、眼鏡は“いつもと違った自分になる”など、少し雰囲気を変えたいときに伊達眼鏡として使う方も多いですよね。
メガネは、かけるだけで、いつもと違った印象を創ることができる便利なファッションアイテムです。

眼鏡のお手入れ
しかし「たまにしか使わないから」といって、お手入れせずに放置している方も多いのではないでしょうか。
一見、綺麗に見えていても、実はたくさんの汚れが潜んでいるかもしれません。
「気づいたときには汚れが落ちない!」なんてことも。

そんなことを防ぐために、今回は眼鏡のクリーニングをご紹介いたします。


5つのメンテナンス用品を用意しましょう


①洗面器(水がためられる器)


水をためられるものであれば、なんでも大丈夫です。
今回は洗面器でお手入れしていきます。
眼鏡のお手入れ術


②中性洗剤、または石鹸


眼鏡のお手入れ術


③歯ブラシ


眼鏡のお手入れ術


④吸水性のあるきれいなタオルやガーゼ


水分をとるため、吸水性のあるきれいなものを準備しましょう。
眼鏡のお手入れ術


⑤眼鏡クロス


普段お使いのもの、なければ100円ショップや眼鏡屋さんなどで取り扱っているクロスを準備しましょう。
眼鏡のお手入れ術


それではやっていきましょう


①洗面器に水をためて、眼鏡を水洗いする


洗剤で洗う前に軽く水洗いすることで、たまった埃などが落ち、洗剤でのお手入れがしやすくなります。
眼鏡のお手入れ術


②洗面器で水をためなおし、中性洗剤を数滴入れ、眼鏡を洗います


洗剤をいれた水の中でレンズをやみくもに指でこすり洗いするのではなく、優しくすすぎましょう。
石鹸をお使いの場合は、石鹸に水を当てながらためることで、石鹸がよく溶けますよ。
眼鏡のお手入れ術


③次に歯ブラシに中性洗剤を2滴ほどたらし、鼻あて部分を軽くこすり洗いします


普段鼻あてを洗うことは少ないため、汚れがたまっていることが多いです。
傷つけないよう優しく軽くこすりましょう。
眼鏡のお手入れ術


④全体が洗い終わったらきれいな水で洗い流し、タオルやガーゼで水分をふき取る


水分をふき取る際、軽く押し当てるようにし、レンズを傷つけないよう注意しましょう。
眼鏡のお手入れ術


⑤最後に眼鏡クロスでレンズを拭き完成です


レンズをしっかり持ち、拭きましょう。
眼鏡のお手入れ術


月に1回、定期的なお手入れを心がけて


5つの手順で眼鏡をきれいにお手入れできます。
一度やれば、簡単に身につきます。

眼鏡のお手入れ術
眼鏡はパっと見ではわかりにくい汚れが多くあります。
特に鼻あては肌に接する部分なので、汚れを放っておくと肌にもよくありません。
定期的に眼鏡のメンテナンスをして、目にも肌にも優しい眼鏡にしましょう。

RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"お手入れの記事"を見る

CATEGORIES

- お手入れしたいものから記事を探す -

^

お手入れのある暮らし

- ikigoto LIVING その他の特集 -