古今東西!古民家リノベーションカフェ「ここん(kokonn)」(日暮里)

古今東西!古民家リノベーションカフェ「ここん(kokonn)」(日暮里)

今なお残る昔ながらの下町、日暮里。JR各線を始め、京成本線、日暮里・舎人ライナーが乗り入れ、多くの方が乗り換えで利用する“日暮里駅”に向かいました。

「ここん(kokonn)」(日暮里)
町工場や商店街、住宅が密集しており、昔ながらの江戸の下町の雰囲気が色濃く残る日暮里。南西側には神社やお寺が多く、情緒ある街並みを形成しています。武蔵野台地と荒川沿岸の低地の境目に位置し、起伏が激しいことでも有名です。

今回ご紹介する、リノベーションカフェ「ここん(kokonn)」は、日暮里駅南口から歩くこと8分。階段や坂道を進み、寺社や住宅地を横手に歩いていくと、少し大きな通り都道452号線に面したお店です。
「ここん(kokonn)」は2014年にオープンしたばかりの、古民家をリノベーションしたカフェ。店名の由来である、「kokonn」は古今東西の“古今”から名付けたそう。

「ここん(kokonn)」(日暮里)
カフェの手前にある1階のショップスペースでは、旅好きの女性オーナーが集めてきた古今東西の良品が並べられ、温かみのある空間となっています。

「ここん(kokonn)」(日暮里)
「ここん(kokonn)」(日暮里)
2階には和室を改築した白いギャラリーがあり、レンタルギャラリーとなっているので毎回異なる作品などを楽しむことができますので、注文後などにぶらっと見てみてはいかがでしょうか。


フランス産のアイスクリームは正に絶品


カフェスペースは1階のショップスペースを抜けた奥に。お座敷となっており、古民家の和室をそのまま活用してホッと落ち着ける空間になっているのが特徴です。

「ここん(kokonn)」(日暮里)
今回注文したのは、ドリンク付きのランチセット「炙り野菜のチキンカリー」とアイスクリーム付きのアイスコーヒー(1,000円)を選びました。カレーはさっぱりとしていて食べやすく、少し焼き目のついた色とりどりの野菜は甘みが味わえます。

「ここん(kokonn)」(日暮里)
アイスコーヒーはグラスの縁にフランス産のアイスクリームがのっており、絶品!アイスコーヒーの苦味とアイスクリームの甘みが絶妙にコラボします。

「ここん(kokonn)」(日暮里)
その他のメニューは、kokonnブレンドコーヒーは450円、カフェオレ470円、本日の紅茶400円、そしてkokonn看板メニューのアイスクリームは各種350円〜となっており、どれもお手頃ですね。


リラックスしたい休日は、日暮里を歩いてみよう!


日暮里は情緒あふれる下町の雰囲気が好まれ、近年リノベーションカフェなどが増えてきています。また谷中銀座などの商店街も海外の方などで賑わっており、注目の場所となっています。

「ここん(kokonn)」(日暮里)
一方で寺社や木々に囲まれた小道などが多くあり、賑わいと静けさが共存した街並みといえます。

「ここん(kokonn)」(日暮里)
休日の散歩やサイクリングに日暮里はいかがでしょうか。ちょっと休憩したいとき、是非「ここん(kokonn)」に立ち寄ってみてください。

SHOP Information

ここん(kokonn)

住所: 東京都台東区谷中6-3-8
TEL: 03-5834-2977
営業時間: 11:00~19:00
定休日: 水曜日
アクセス: 東京メトロ千代田線千駄木駅より徒歩約6分 JR山手線・京浜東北線・常磐線、京成線、舎人ライナー日暮里駅より徒歩約8分
URL: http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13169515/

RELATED TOPICS

- 関連記事 -

全ての"関連記事"を見る

POPULAR CURATED TOPICS

- 人気のまとめ記事 -

+ More
Now Loading
書籍化・メディア掲載についてのお問い合わせ
^

リノベカフェ巡り

- ikigoto LIVING その他の特集 -