甘くないお惣菜タルトの専門店「What a Tart」から冬の限定メニューが登場!
SPOTS:スポット情報

16.01.18

甘くないお惣菜タルトの専門店「What a Tart」から冬の限定メニューが登場!

whatatart_winter201601
甘くない、お惣菜タルト専門店「What a Tart! 」が2015年11月25日に「クラシカ表参道1階」へオープンして早2ヶ月。

みなさまは、もう足を運ばれたでしょうか?常連さんにも、これから行く人にもお知らせがあります。
日本ではまだあまり馴染みがありませんが、欧米では日常的に楽しまれている食事である、セイボリータルトの専門店「What a Tart! 」が日本初進出ということで話題になりましたね。

今回は、冬のシーズナルメニューが登場!楽しい冬のシーズナルメニュー3種類が、1月8日(金)より登場します。メニューは三種類です。
鍋の材料を使いながら、黒胡椒のアクセントがきいた洋風味の「下仁田ねぎ&ブラックペッパー」。(450円)
menu01
蕎麦屋のカレーをイメージした「鶏ごぼうカレー」は、生地に練り込んだじゃがいもの香ばしさ絶妙。(450円)
menu02
彩りも鮮やかな「紫いも&金時人参」は、野菜の甘さをハーブ、プルーン、レモンで爽やか。(550円)
menu03

whatatart_winter201602
また、おさらいとして今回もおススメポイントをお伝えしておこうと思います。「What a Tart!」では、欧米でポピュラーなセイボリー(甘くない)タルトに日本の食材を融合させたあたらしいタルトを提供しています。

なんといっても、こだわりはタルトの生地を作る際の「油」。タルト生地には一切バターを使用していません。使用している油は、胡麻油、グレープシードオイル、エキストラバージンオリーブオイルなど、身体に必要で良質な油だけを使用。そのためカロリーが最低限に抑えられ、その口当たりは驚くほど軽く、時間が経過してもクリスピーなまま!その他にも保存料や添加物は一切使用しないで、極力原材料から手作りをするなどと素材にこだわりぬいています。

近年パンケーキなど海外発のものが流行る中また新たに日本にやってきたセイボリータルト。
What a Tart!のセイボリータルトは日本の食材を融合されて海外の発のものを通しながらも日本の味を楽しむことができます!

日本発の新しいスタイルのセイボリータルトに興味が出たきたあなた!冬の限定メニューをご賞味あれ♪

営業時間:9:00〜18:00
※18:30よりバー営業だが、タルトは購入可能。
定休日:土曜、日曜、祝日
価格:タルト 450円・550円、タルト&コーヒーセット 700円・800円、タルト&サラダ&コーヒーセット 1,000円・1,100円ほか
販売体系:店頭販売およびセルフサービスによるイートイン席(店内8テーブル、テラス
「青山のをと」
引用元:「What a Tart」

SPOT Information

What a Tart

住所: 東京都渋谷区神宮前5丁目51-1 クラシカ表参道 1F
TEL: 03-6427-7031
URL: http://whatatart.jp/menu/
定休日: 土日、祝日

OTHER SPOTS

- その他の"スポット情報" -

全ての"スポット情報"を見る
^

青山のをと

- ikigoto LIVING その他の特集 -